ファイルを開くだけで被害の恐れ、Windowsに未修正の脆弱性

Microsoft OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される
日本マイクロソフトは2014年10月22日、Windowsに新たな脆弱性が見つかったことを明らかにした。
脆弱性を悪用するように細工されたOfficeファイルなどを開くと、中に仕込まれたウイルスを勝手に実行される恐れなどがある。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3010060

カテゴリー: Microsoft Security Essentials, パソコン修理 横浜 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です