Windows7 ビルド7601 このwindowsのコピーは正規品ではありません

マザーボードを交換したら
「Windows7 ビルド7601 このwindowsのコピーは正規品ではありません」が表示されるWindows7
ライセンス確認のためにマイクロソフトWindowsが取得する下記ハードウェア(コンポーネント)情報が大幅(7件以上?)に変更されると再認証が必要となります

ハードウェア・コンポーネント情報
●ディスプレイ・アダプタ
●SCSIアダプタ
●IDEアダプタ
●ネットワーク・アダプタ(MACアドレス)
●物理メモリの実装量(64Mbytes、64M~128Mbytesなど)
●プロセッサ・タイプ
●プロセッサ・シリアル番号
●ハードディスク・インターフェイス
●ハードディスク・ボリューム・シリアル番号
●CD-ROM/CD-RW/DVD-ROM
●ドッキング可能/不可能
●ハードウェア・ハッシュ・バージョン(アルゴリズムのバージョン)http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb457054.aspx Microsoftによる

license

マザーボードの変更はこの規定にかかる(問題がない場合もあったが)のですねlicense3

再認証で問題なくライセンス取得できましたがマザーボード交換の場合にも認証を求められない場合があることが不明な点ですがMicrosoftの規定なので誰にも分らないことですが…

カテゴリー: パソコン修理 横浜 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です